スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなの見つけて感慨深い中秋の名月の夜長☆


【男の子】を持つママの皆様へ

決して一概には言えない、
僕個人の意見なので
鵜呑みにはしないでほしいのですが、

でもおそらく
男の子ほぼ全員に言えることだと思います。


そして、少しでもママに
楽になってもらいたいから
伝えたいと思って、
書かせていただきました。


それは何のことかと言うと…

結論から言いますね。


男の子はですね、基本的に
ママからはどれだけ怒られても大丈夫です!

いっっっっっっくら怒られても
大丈夫です!!


怒鳴られても、お尻叩かれても、
つねられても、ちょっとくらいなら
ひっぱたかれても、大丈夫。

だって男の子は、

「なんだかんだ言って
ママは僕のことを愛してくれている。」

という超安心の大前提で
生きていますから!


何度怒っても平気!
どんな顔して怒っても平気!


般若みたいな顔しても平気!

プレデターみたいな顔しても平気!


どんなにその日に泣いても、

次の日には
がんがんママにくっついてきて、

「ママ!ママ!
マーーマ!!」

って言いますから。



だから、

「あー、また怒っちゃった…涙」

なんて、
寝静まった息子の寝顔を見ながら
反省しないでいいですよ。
(…なんて言われてもしちゃうと思いますが)

そんなのよっぽど理不尽で
自分都合で怒っちゃったときくらいで
いいですよ。

ほとんど全部、ノープロブレム。



だって大丈夫なんだもん。




それでは一体、

男の子はどんな時に、
家族との確執を感じるのでしょうか?


そしてどんな時に、
自らの人生に迷ったり、
自信を無くしたりするのでしょうか?


男の子が絶望したり
人生に迷う時、

それは…

~親から諦められた時~

ではないでしょうか?


「この子は不器用だから。」

と親から言われた時、
初めてその子は不器用に
なるのかもしれない。


「この子は人見知りだから。」

と親から言われた時、
初めてその子は人見知りに
なるのかもしれない。


「こいつは運動神経が悪いんですよ。」

と親から言われた時、
初めてその子は運動神経が
悪くなるのかもしれない。


怒るということは、
その子を諦めていない証拠。


逆に怒らないということは、
もしかしたら、
その子を諦めているのかもしれない。
それが伝わるからなのかもしれない。


「怒る」って、
相手に可能性を
感じているからこその
コミュニケーション。


ですから母と息子にとって
とてもとても大切な
コミュニケーションなのだと思うのです。

でも、
もし仮にそれはそうだとして、


怒ってはダメ!

という逆説の子育て論もありますよね。


どちらがいいって
一概に言えないと思うんです。
僕も確信があるわけではありません。


怒らない方がいいような気もします。


ではそれなのにどうして僕が
「怒る」に肩入れするのか?
それには理由があるのです。


僕は当時、中学2年生にもなって
未だに泣き虫で、先生に怒られても
泣いちゃうくらいの甘ったれでした。
もちろん母から怒られても
泣いていました。

でもどんどん大きくなって、
背も母を抜かし、
父のことも抜かした、
中学3年くらいの時かな?

また僕が何かしら悪さをして、
母に怒られました。

そしてその時、
母が僕の頬をビンタした

パチーン!

「?!」


僕は驚きました。

なぜなら、
母のビンタが
ちっとも痛くなかった
からです。


それが理解できた時、
僕にじわじわと
悲しみがこみ上げてきました。

「あぁ、もう母を怖がることは出来ないんだ…。」

って思ったのを、
今でも覚えています。


そして母の怖さの消失とともに、
少しずつ母への甘えや依存が減り、
自分の中にうっすら残った

【怖かった母に怒られた記憶】

を元に、善悪を判断するように
なっていきました…。


いつしか、母親は息子にとって、脅威の存在では無くなります。


そしてその時から、
息子は母親の脅威無しで、
物事の善悪を判断しなくては
いけなくなります。


その後、
息子を支えるのは、
いつまでも息子の中に生きる
[いつかの怖かったあなた]
なのです。




【男の子】を持つママの皆様。


ダメなものはダメだと、

あなたがダメなのではなく、

それをやっちゃダメなのだと、

いつまでもいつまでも
怒ってあげてください。

どうせ懲りずに何度もやります。


怒られて一度やめても、
後でまたやります。

前回痛い目にあってるのに、
またやります。

そのたびごとに怒ってやってください。


そのあなたの
般若のように怖い顔が、
プレデターのように
怖い顔がいつか大人になった
息子さんを救います。

スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

松彩果

Author:松彩果
スペインへ留学。
フラメンコを学びました。

帰国後、2006年春よりタブラオ活動をはじめ
2007年秋、横浜の関内にて、
自身のスタジオ始めました
こちらからどうぞ→☆Estudio Candela

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。